「あの時ああ言えばよかった」を悶々とする人に

「あの時ああ言えば良かった。もっとうまい表現方法があったはずなのに」

「もっとバシッと言ってやれば良かった。どうして自分はあの時、毅然とした態度で返せなかったのだろう」

 

このような「後からフツフツ型」の気持ちに悩む人は多いのではないでしょうか。かくいう私もその一人です。私などは「後からフツフツ型」に加え「執念深い」という最悪のパターンですから、抱え込む暗黒度も自ずと深くなります。

しかしあまり抱え込むのも健康に悪いですから、なるべく負の感情とはじょうずに付き合い、人生少しでも長く快適な時間を過ごせるよう、コントロールしていきたいものです。そのための意識の持ち方を、少しご紹介します。

 

【相手とこれからも定期的に会う関係性~①自分が悪い場合】

例えば、自分の能力不足や表現不足が原因といったケースです。それでしたらまず、悩む必要はありません。

なぜなら未熟さというのは、自分にとっては苦痛でも他人にとっては「微笑ましい」場合が多いからです。特に日本人は謙虚さを好みますから、自信満々の完璧すぎる人よりも、ポカをして落ち込んだり、反省したりしている人のほうに親しみを覚え、好感を抱きやすいのです。

また人間の心理として、完璧な人物のことはすぐに忘れるけれど、発展途上の人物については記憶が持続します。このような現象を「ツァイガルニク効果」と言います。

人というのは案外、「成長するもの」が好きです。ガーデニングや盆栽、子猫や子犬、子供の成長などを無条件で好むのは、やはり「育ちゆくもの」には希望があり、それらに接するのは楽しいからでしょう。

 

ですから未熟さやミスについては、「のびしろ」を見せたという点で、むしろ人間関係の先行投資になったと割り切りましょう。完璧を見せることも素晴らしいですが、現在の未熟な自分を知っておいてもらうこともまた、同じくらい大切です。

 

【相手とこれからも定期的に会う関係性~②相手が悪い場合】

例えば職場やコミュニティで失礼な発言をされる、セクハラ・パワハラ、マウンティングをされるなどの被害はよくあることです。このようなシチュエーションにおいては、虎視眈々と逆襲の機会をねらいましょう。

再度同じような会話パターンになったとき、「前回言えなかった」気持ちを存分に伝えればよいわけです。
相手をギャフンと言わせられるだけの透徹した論理的説明や、嫌みな返しを用意しておいてください。そのときを今か今かと手ぐすね引いて待つと思えば、つまらない仕事にも張り合いが出るというものです。

相手の思考パターンを読み、いくつかシナリオを作っておくのもよいでしょう。他人を傷つけるような無神経な発言をしてくる人物というのは、総じて頭の回路がシンプルである能性が高いですから、思考パターンもそれほど多くはないはずです。着々と挽回の機会を待ちましょう。

 

【相手と今後会うことのない関係性~①自分が悪い場合】

これは例えば、たびたび会うわけでもない相手に失言したり、うまく説明できなかったというケースです。

連絡が取れる相手であれば、何かの折にメールでさりげなくフォローするのもいいですし、それすら叶わない関係性でしたら、それはあなたが相手の人生において「瞬間的メンター」の役割を課せられたと割り切りましょう。
あなたのその時の対応こそが、相手にとって最も必要な気づきになったのです。

 

【相手と今後会うことのない関係性~②相手が悪い場合】

これは案外、やっかいです。

今後会わないからといって、傷つけられた被害感情は容易に終息するものではありません。しかし実際、このような出来事は日常で多く発生するもので、非常にストレスがたまります。そこで今回は3点、心の解消方法をご紹介します。

(1)金に換える

あなたの被害感情を何らかの形で換金することに、意識をスライドしてみましょう。SNS等で発信して優しい人になぐさめられて終わりとするのも良いですが、せっかくですからそれを元手に、この被害感情という材料を、どこでどのように金銭化できるのか、ビジネス脳で建設的に考えることをお勧めします。金銭回収は、短期でも長期でも結構です。

例えば記事を書いて関連サイトで売る、ネタを書籍化する、ビジネス立ち上げの動機にする、セミナーを企画しネタを講演に盛り込む、自己ブランディングに使用する、攻撃されないための資格取得にチャレンジする、被害感情を他言語で翻訳して語学力を高め、スキルアップする・・・・・・。

怒りや恨みは持続します。持続する感情というのはそれなりのエネルギーを備えますから、漏電させておくのはもったいないものです。マイナス感情はじょうずに使えば、自分を高めるパワーとなり得ます。

また、分析脳にシフトすることで、「このような発言を引き起こした根本的な背景」や「自分は何に腹を立てていて、本心はどうしたいのか」という核心部分も見えてきます。論理的に考えるクセづけの訓練としてみてください。

(2)自分が成長する

言い尽くされた内容ですが、効果的な解決方法です。腹を立てるのは、自分が相手と同等レベルにいるからです。精神的なチャンネルの周波数が合うがゆえに、心が過剰に反応してしまうのです。自分が成長すれば、相手の言動は「行儀の悪い子供のヤジ」くらいに感じるようになるでしょう。

(3)時間軸の縛りを解く

私自身の「やわらかくのびる時間」という記事でも書いたのですが、過去と現在と未来は、同時に存在するといいます。

マサチューセッツ工科大学の哲学助教授、ブラッド・スコウ博士は、「時間は流れていない。むしろ止まっている」と主張しています。相対性理論をもとにすると、「現在・過去・未来は同じ時空間に広がっていて、それが散在する状態にある。だから『時間が流れる』という表現は間違い」なのだそうです。

 

そのように考えると、「過去に嫌な体験をしたあなた」も、「今それを煩悶しているあなた」も、「未来それを乗り越え強くなったあなた」も、それぞれが「今」、別個に同時存在しているといえます。時間軸の縛りを解けば、「未来それを乗り越え強くなったあなた」が今、隣に存在しているのです。

嫌な思いをした過去だけに意識を飛ばすのではなく、「それを乗り越えて気にしなくなった状態のあなた、強くなったあなた」の意識を捉え、そこでのあなた視点を経由して、過去をただの「現象」として見つめてみてください。感情を廃して俯瞰できるはずです。

 

ストレスや負の感情というのは、自分では気づかぬうちに「考え方のクセ」が出来ているものです。
「時間」という概念を除き、意識が解放されたさまざまな循環で考えを巡らせてみてください。それはあなたの意思ひとつで、選択可能なセルフケアとなるのです。

サントリー絶頂CMをテキストに、改めてセクハラについて考える

【サントリー 頂(いただき)絶頂うまい出張CM(総集編)】

女性1:「あれ?大丈夫ですか?」(笑顔でのぞき込若い女性。バックは居酒屋)

テロップ   出張先でめぐりあった

女性2:「ねえ、どっから来たん?」(居酒屋。笑顔の女性)
女性3:「二人っきりになっちゃいましたね」(華料理店。おたまで鍋をよそいながら、照れたように笑う女性)

女性4:「あたし、一週間前にフラれてまって」(寿司屋? のカウンター。けだるげに上目遣いで見る女性)

女性5:「座ってもいいですか?」(屋外のカフェ。肩を出した服を着た女性が目を輝かせてお願いしてくる)
女性6:「食べようで食べようでおいしかけん」(居酒屋シーン)

女性7:「ふにゃぽにょ?」(お好み焼き屋で。舌っ足らずな口調)
女性3:「肉汁いっぱい出ました」(中華料理店)

女性2:「えー一流企業」(驚き目を見開いて口を押さえる女性。たすき掛けにしたバッグの紐で胸が強調されている。)

女性5:(屋外カフェで焼きトウモロコシをむしゃむしゃ食べる姿だけが映像が流れる)
女性6:(口に箸を入れ、食べる映像だけが流れる)
女性4:(口に箸を入れ、食べる映像だけが流れる)
女性7:(お好み焼きのコテを口に入れ、食べる映像だけが流れる)
女性3:(手づかみで食べる映像だけが流れる)

女性4と3:(ジョッキでビールを飲む映像。音楽とともに)コックゥーーーん!!!

テロップ   コックゥーーーん!!!
女性5と2:気持ちよさそうにビールを飲む映像

テロップ   たくさんの「コックゥーーーん!!!」の文字が飛び交う
女性7と6:気持ちよさそうにビールを飲む映像

テロップ   コックゥ~~~ん!!!しちゃう?!
女性7:「コックゥ~ん! しちゃった・・・♡」

ナレーション:「絶頂うまい出張CM」

 

【このCMのどこがダメか。不快のポイント】

現在公開されている動画は、比較的問題のないシーンをつなぎあわせた「総集編」です。各都市別の「ご当地編」がありましたが、あまりに露骨なAV臭と卑猥表現により削除されたようです。しかし視聴可能な「総集編」ですら、セクハラ要素がつまっていますので、改めて何がセクハラかということを考えてみたいと思います。

 その1:女性を「性的好奇心」の対象としてしか表現していない。

CM全般がまるで、男性に都合のよい妄想を凝縮させた出会い系ゲームのようです。

「二人っきりになっちゃいましたね」「あたし、一週間前にフラれてまって」「座ってもいいですか?」「ふにゃぽにょ?」「肉汁いっぱい出ました」「えー一流企業」

CM内では、出会う女性がすべて若く感じよく、出張で訪れた「自分」に気があるかのような意味深な態度で「接待」してくれます。会話のなかには何ひとつ「対等な人間としての目線」は出てきません。女性は胸の大きさが強調された服を着て、男性の性的満足と自己顕示欲を満たす会話のみをしてきます。
女性の近況やシチュエーションなど、詳細な伏線が張られているのがまた、男性の妄想執念を突きつけられているようで、なんとも気持ちの悪い内容です。

CM内では「えー一流企業」と、男性の肩書きに女性が驚き、尊敬と好意のまなざしを向けてそれをきっかけにアバンチュールがはじまる・・・・・・という伏線のようです。

果たしてその「一流企業」のモデルとなっている「自分」は、サントリー社員なのか、それとも制作に携わった広告代理店の電通社員なのでしょうか。どちらにしても、あまりにご都合主義なシチュエーションは、まるで「一流企業」制作者の日常風景を切り取り、かいま見せられたかのようで、奇妙な俗臭を感じます。

ちなみに出演している女性達は全員が「グラビアアイドル」とのこと。「一流企業」男性は、常日頃からこのような「グラビアアイドル」との合コンや、クラブ接待やキャバクラ接待により、ちやほやと男尊女卑のおもてなしを受け、それが男女関係のスタンダードな社会モデルであるとかん違いしてしまっているのかと、穿ってしまう内容です。
サントリー社内および電通社内での、女子社員へのセクハラ加害が懸念されます。

 

  その2:セックスを暗喩させるような表現をあえて使用している。

出張各地で女性と出会い、美味しい食べ物を堪能している・・・という事実だけでは片付けられない、妙なメタファー(暗喩)が随所に散りばめられています。削除された「ご当地編」をお見せできないのが残念ですが、「総集編」でもその性的濃度は薄まらず、残存しています。

サントリーの公式サイトからは削除されましたが、YouTubeではまだ「総集編」が流れ、書き込まれた感想を読むことができます。皆さまなかなかにコメント力があり、的を射ているのでご紹介いたします。

コメント1:「絶頂」はセックスして射精したときの事です。「コックゥ~ん」は精子を飲むこと「ごっくん」やセックスしてオーガズムを迎えたときのこと。

コメント2:「下ネタを連想する方がおかしい」って人逆に大丈夫? 多分これでエロと全く関係ないと思ってる人は、暗黙のルールとか隠れた意味とか、行間が読めないいわゆる「アスペ」のようなものだと思う。

コメント3:「エロい」じゃなくて「下品」が俺の中での正解

コメント4:出演者全員グラビアで、「絶頂」「肉汁いっぱい出ました」「(火照った様子で)暑くないと? もぉ元気良すぎやん!」「お酒飲みながらしゃぶるのがうみゃあ」というあきらかにビールとは関係のない説明、はるまきを口の中に入れてほうばってる絵とか、「こっくぅーんしちゃった」という意味不明な言葉は、AVでよくやる、(精液を)「ごっくんしちゃった」ってのをもじってるわけ。エロを暗喩しているダブルミーニングってキモいと俺も思う。知性のないおっさんのセンス。女子アナにバナナを食べさせるとか、アイドルにフランクフルトを食べさせて、その横で芸人がニヤニヤしているとかと一緒だな。きもい。

もはや私から補足する必要はないほど、皆さんCMの意図を理解しています。

 

【「性的好奇心」をアウトプットするのはすでにセクハラ】

「総集編」では明確な性表現がないだけに、制作サイドは「セーフ」と思っているのでしょうか。しかし全編を通して「性的好奇心」は読み取れます。

すでにご存じの方も多いかと思いますが、男女雇用機会均等法11条では、職場における性的な言動に起因する問題に関する雇用管理上の措置、いわゆる「セクハラ条項」を定めています。個人を「性的存在」として扱うことは労働者に心理的負荷を与え、労働力を低下させ、精神障害を罹患させる危険性が内在します。

近年、セクシュアルハラスメントやパワーハラスメントを原因とした精神障害の労災申請が急増していますが、労災の認定基準は、厚生労働省、都道府県労働局、労働基準監督署の連名で出されているパンフレット(ネット上でも閲覧可能)から確認できます。
パンフレットには「1・病気やケガ」~「36・セクシュアルハラスメント」まで、労働者が心理的負荷を受けるであろう出来事が36項目に細分化されていますが、その中で、セクシュアルハラスメントの事例として、

・「〇〇ちゃん」等のセクシュアルハラスメントにあたる発言をされた場合
・職場内に水着姿の女性のポスター等を掲示された場合

この二点が例示列挙されているのです。

 

このように、女性を「ちゃんづけ」で呼ぶことは、一度限りですら、女性に対し心理的負荷を与える内容として、厚生労働省の労災認定基準で正式なカウント材料に明記されています。

また、ヌードポスター掲示など、男性が女性を「性的対象」とみなしている事実をあからさまに突きつけることも、一度限りですら心理的負荷を与える内容とされているのです。

これほどまでに男性が女性を「性扱い」することは、ダメージとストレスを与えるいじめにも等しい攻撃だという基準がありながら、日本社会の相当数の男性達はこれを「絵空事」だと思っているのでしょうか。あらゆるシーンにおいて、ためらわず女性を「性的いきもの」扱いしてきます。

 

【男性からの批判の声も多かった】

今回私が救いを感じたのは、男性の多くが不快感を示したことです。
知人男性達も、「鳥肌たつ」「気持ち悪い」「これをNGと感じない男性は、職場の多くのシーンで、女性を不快にさせていることでしょう」「二人きり~ や最近フラれた~ は解説いらずだが、初対面男に飲み屋で言うな」など、CMの異常性に拒否反応を示しています。

一方で、あまり不快に思わないという声もあるようです。その声の方々も、さすがに削除された「ご当地編」を見れば、このCMの意図を知り「なるほどダメだ」と気づいたのかもしれません。
しかし「総集編」だけでもセクハラ要素は満載ですから、これをテキストに、改めて「セクハラとはどういうことなのか」を考えてみていただきたいと思います。

 

ちなみにハフポスト日本版は、このCMにつき7月8日の記事で、『都合のいい女性像を性的に表現』というタイトルで、21歳の一般男性(大学生)に意見を聞いています。男性は、以下のように語っていました。

「女性を出張先の『ご当地品』のように扱っているように感じ、下品な表現もあり、不快です。(男性目線でも)いいな、と全く思いません。特に『女性の活躍を支援する』と謳っているサントリーが、女性を見下すような広告を作っているのはとても残念です。女性を『ご当地品』扱いし、バカっぽくし、(AVを連想させるような)下品なニュアンスを使うーー。これは制作者側の女性に対する蔑視や、あるいは無理解によるものではないでしょうか。どちらかといえば前者だとは思います。オムツCMの「無知」による炎上とは違い、女性に対する蔑視が感じられます。」

 

【炎上目的ならばまだ救いがあった】

ネットをのぞくと、「炎上目的」であえて制作された、という意見も見受けられました。しかしこれについてはサントリー側が「炎上目的ではなかった」と釈明しています。

私もかなり初期の段階から、『これは「炎上目的」ではないな』と感じていました。なぜなら、このような「無自覚セクハラの男性」に、私自身が数え切れないほど出会ってきたからです。

仮にこれが「炎上目的」ならば、まだ救いがありました。少なくとも、「セクハラ」が「何」であるかを理解しているからです。しかし実際のところ制作者は「不快を与えているという意識すらない」のが実態でしょう。

 

【差別を差別と気づけない恐ろしさ】

ブロガーのちきりんさんは、「世界を歩いて考えよう」(だいわ文庫)という著書のなかで、「格差が意識されない社会」の恐ろしさを書いていました。

それはちきりんさんがインドのデリーを旅行したときのことです。きれいな制服を着た三人の小学校3、4年くらいの女の子が、アイスバーを食べながら、リクシャー(三輪自転車のような人力タクシー)に乗り下校する姿に出会いました。楽しそうにおしゃべりする女の子たちを「かわいいな」と思い見ていたちきりんさんですが、視線を移してはっとしたそうです。そのリクシャーを引いているのが、下半身に布だけ巻いた、汗と砂にまみれた、まだ幼い少年だったからです。

ちきりんさんは著書の中で語っています。

『彼女らにとっては普通の日常です。小さい頃から親と一緒に乗っているリクシャーです。制服を着て学校に通う自分も、周りの友人と比べて特に恵まれているわけでもないでしょう。彼女らにとっては「リクシャーに乗って学校に行く自分」と「リクシャーを引く同い年の男の子」の存在は、なんの矛盾も抱かせない「日常の風景」なのだと思います。・・・・・・』

 

私はこれを読んだとき、少年のことを思い胸が苦しくなりました。そして同時に、すぐに日本の女性蔑視を思いました。

あまりに当たり前に、あまりに自然に、あまりに巧妙に、あまりに日常的に、音も立てずにひっそりと日本社会に溶け込んでいる、女性への性的軽視と、性存在という鋳型。

それは「差別」だと気づかせないほど「日常の風景」として成立しています。女性を「性的いきもの」として矯正することをやめず、あらゆる場面でその行為に慣れきってしまい、もはや「差別」だとすら気づけないのです。

 

おそらくサントリー絶頂CMの「制作者のような男性達」は、「CMのような女性達」に囲まれて生きてきたのではないでしょうか。「CMのような女性達」は、彼らにとって女性のスタンダードなのです。それゆえ彼らにとって、このような「無自覚セクハラ」CMストーリーは、何の違和感もない、極めて自然な意識からくる「日常の風景」なのでしょう。

 

【なぜこれをおかしいと気づけないのか。女性性消費が「日常の風景」となっている社会】

今回のサントリーCMに限らず、女性を「萌えキャラ」「性的アイコン」等の性的存在として扱う制作物は後を絶ちません。伊勢市の碧志摩メグ、ルミネのセクハラCM、HISの「東大生美女図鑑」、志布志市の美少女うなぎCM、雑誌VOCEでの女性賞味期限、そして残念なことに、この記事を書いている最中には、「宮城県観光PR動画」でタレント壇蜜氏が登場するセクハラエロ動画が、行政広告として配信されました。

 

なぜこれらを「おかしい」と気づけないのでしょうか。

さきほどのインドの「日常の風景」よろしく、それは「おかしい」と気づけないほど、女性の性商品化が日常に溶け込んでいるからです。率直にいってしまえば、日本で「女性性のデフレ化」が起きていて、女性の価値そのものが著しく低下し、女性全般を「性」として軽んじることに罪悪感を抱けなくなっているのです。

どの国でも一定数の性産業は存在するでしょう。合法・非合法、また善し悪しは別として、一掃することはむずかしいのが現実だと思います。

しかし日本ほど「素人女性」と「玄人女性」の境がグレー化している国はありません。AVや風俗などのハードなものから、キャバクラ、JKビジネス、ガールズバーなどライトなものまで、あらゆる角度から「一般女性を性商品化」するビジネスが蔓延しています。

そしてそこで働くのは、食べるものにも困る・・・という最貧困層にいる女性でもなく、能力がなくてほかの仕事ができない・・・という女性でもない、いわゆる「ごく普通の一般女性」も多いのです。

ガールズバーで働くアルバイト女性の「学生率」が多いことには驚かされます。ガールズバーの時給相場は1500円~2000円くらいということで、たしかにほかのアルバイトに比べ、少し高めではあります。しかしその数百円のなかの、「性を商品化する」ことの重み、そこから損なわれる個人の尊厳というものは、果たしてしっかりと受け止められているのでしょうか。
性をビジネスにする忌避感が鈍磨し、日本という国の全体倫理意識が低下しているように感じます。

実際に私がよく受けるセクハラ発言の内容として、キャバクラや水商売を「普通の女性がカンタンにするもの」といった、男性からの女性軽視セクハラ発言は後を絶ちません。

 

女性を「性的いきもの」として軽んじることをタブー視できない、忌避事項だと気づけない。あまりに女性消費ビジネスが整いすぎた社会環境のなか、「性を商品化したくない女性達」の声が届きにくく、淡く小さくかき消されそうになっていることは事実です。このような環境で男女共同参画社会が進行しないのも、しごく当然のなりゆきではないでしょうか。

今回のサントリーCMも、居酒屋等で出会った「普通の女性」を、性的好奇心のみで表現することをタブー視できない、麻痺した性意識から制作された、無自覚セクハラの一例です。

 

【意識の常識は変化している。気づいた後が大事】

男女雇用機会均等法が施行されたのは1986年ですが、当時、職場の男性達は「女子社員の肩をもんであげたり、エッチな質問をすることなんか、ただのコミュニケーションだよ。こんなことまで禁止されたら窮屈で仕事なんかまわらないよ」と言っていました。
それが今では一応、「非常識」「セクハラ」だという意識が定着しています。

意識の常識は変化しています。そして、変化しなくてはいけないものだと思っています。
今回の「総集編」をセクハラとすぐには気づけなかった人も、10年後、20年後には、「女性への性的好奇心を表示することそのものが非常識」という認識を抱けるように、変化してくるのではないでしょうか。せめてこのCMが、その「気づき」のきっかけになればよいのですが。

 

そして大切なのは、「気づいた後」です。
気づいただけで実生活にドロップダウンできないのであれば、それは気づかなかったことと同様になってしまいます。

世の中には多様な立場や意識が存在しています。私自身も、SNS等の記事を読んで、今まで気づかなかった車椅子やベビーカーを使用する方の不便、援助が必要なヘルプマーク、ハートプラスマークなど、初めて気づくことが多いものです。
しかし「気づいた後」は注意力を高め、小さなヘルプとなるよう実行化しています。

他者への思いやりというのは、人間としての「品格」ではないでしょうか。日本社会における男女平等概念の「品格」が、少しでも向上するよう願ってやみません。

 

「目から鱗がポロポロ落ちるセクハラの話~これが意識の最前線!」有馬珠子著:(Kindle版)↓ ↓ ↓

目から鱗がポロポロ落ちるセクハラの話: これが意識の最前線!

 

「社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!」ちきりん著:(だいわ文庫)↓ ↓ ↓

社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう! (だいわ文庫)

新品価格
¥734から
(2017/7/13 02:44時点)