高畑容疑者「強姦」の論点をズラす、リポーターバッシング


性犯罪をとりあげるときに、なぜか「女性の人権蹂躙」や「被害者の精神的被害」という事実から目を背け、微妙に論点をずらして別次元で語られることがよくあります。

論点をズラすのは、「男性性をいじられたくない」からでしょうか。それとも「男の性欲は自然の摂理なんだから仕方ないだろう」と、性支配を正当化したい気持ちが、どこかにあるからでしょうか。

しかしさすがに、今回の事件で正当化できる部分はどこにもなく、その反動で、論点は奇妙なところへグラインドしております。

 

高畑祐太容疑者は、ビジネスホテル従業員の女性への強姦致傷の疑いで逮捕され、それをめぐる記者会見で、フジテレビのリポーターから、母親の淳子氏に対し、容疑者の「性癖」について質問が飛びました。
そのリポーターから淳子氏への質問内容が、「不快」だという視聴者の声が、複数寄せられたのです。

 

フジテレビ「グッディ!」のリポーター・大村正樹氏は、母親である淳子氏に対し、祐太容疑者の彼女の有無や、何歳のときに何人くらいの女性とつきあったか、また彼女を紹介されたことがあるかなど、息子のプライベートについていろいろと尋ねました。

淳子氏がこのような質問に答えていく中、大村氏は「性癖に関して、何か気付くところはありましたでしょうか?」「例えば、ちょっと性欲が強いんじゃないかとか、性的な嗜好がちょっとおかしいんじゃないかとか?」……との質問をぶつけたのです。
これについて、淳子氏は「なかった」と回答しました。

 

この報道を見た視聴者は、敏感に反応しました。
「母親にこんなことを聞くな!」「知っているわけがないだろう」「非常識」という、不快感情を述べた複数コメントがネット上で流出したのは、多くの方もご存じのことかと思います。

これらは一見、「マスコミが無関係である淳子氏を理不尽に攻撃するシーン」を、「正義を装う視聴者が糾弾する」という、けなげな淳子氏擁護……という体にも見えます。
しかし私からするとこれは、「強姦」の論点からズレ、奇妙に本質をぼやけさせる現象にも見えて、もどかしく思うのです。

 

たしかにこれが、マスコミ慣れしていない一般人ならばまた、事情も変わってくるでしょう。しかし少なくとも淳子氏も高畑容疑者も、公人とはいえないまでも、マスコミに顔を売り生計をたてている俳優業です。
しかも高畑容疑者は、「彼女と最中のところに母親が来て…」など、バラエティでは「母親込み性的エピソード」を売りにして、笑いをとっていた背景もあります。外部者が母親と息子をセットとしてとらえ、詳細な質問をすることは不可避といえないでしょうか。

 

大村リポーターは、過去に無神経な取材でたびたび話題になっています。
しかし今回においては、取材必要範囲内のことを聞いたにすぎないと感じるのです。
余罪も疑われている高畑容疑者の普段の動向を探るべく、身内だからこそ知り得た情報について収集を試みた。それはリポーターならば当然といえる仕事ではないでしょうか。

日本新聞協会は、「事件報道には、犯罪の背景を掘り下げ、社会の不安を解消したり危険情報を社会ですみやかに共有して再発防止策を探ったりすることと併せ、……」と報道指針を掲げています。

それならばリポーターの質問は、上記目的に合致しているでしょう。
強姦致傷犯罪者の普段の性衝動を辿ることで、ひとつのパターンを共有し、類似犯罪を未然に防ぐに資する。
なにも「家で息子さんの自慰行為を見たことはありますか?」などの踏み込んだ質問を、興味本位でしたわけではないのですから。

 

 

悪いのは容疑者です。
いい歳をした大人が、性欲のコントロールすらできず、他者の性的自己決定権を自己中心的に侵害し、母親の立場や仕事関係者への迷惑を顧みず、ただ我欲を貪ることしか考えられなかった、容疑者自身に落ち度があります。

母親に罪はありませんが、この業界に口ききをした同業者の先輩として、また身内として、可能な限り情報提供し、つらいとは思いますが、マスコミの質問に答える責務があります。
それでも被害女性の負った「つらさ」に比べれば、針の先ほどといえるのではないでしょうか。

 

ネット上で「強姦という蛮行」で炎上するのではなく、ズレた論点にスライドして盛り上がるのは、焦点がぼやけるようで気持ちが悪いのです。

そろそろしっかりと、性犯罪というのは被害者の魂を殺す「スーパーヘビー級」の罪の重さであるということと、一方的な「性侵害」が微塵も正当化されないという事実に、真正面から向き合ってもらいたいものです。

 

目から鱗がポロポロ落ちるセクハラの話: これが意識の最前線!