京王電鉄車内吊りセクハラ広告への質問と、いただいた回答


【京王電鉄さまの車内吊りのセクハラ広告へ、質問してみました】

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

京王電鉄車内に掲示されております車内吊り広告につき、ご連絡差し上げました。

平成30年5月7~13日、車内にて「プレイボーイ」(大原優乃という名前の表紙)の車内吊り水着グラビア広告を目にし、とても不快に感じています。

私は、男女が乗車する共有スペースにおいて、女性が性的シンボルとされる記事や画像が堂々と掲示されることを、以前から疑問を感じていました。

公共の共有スペースで、女性の水着画像が掲示されることに違和感と嫌悪感を覚えますし、他国では見当たらない光景です。女性を性的存在として当然に扱うことは、大人が不愉快であるばかりでなく、子供達の生育環境としても不適切ですし、なにより成長過程における子供達の男女平等意識にも悪影響を与えると危惧しております。

2020年の東京オリンピックに向け、男女平等推進国家として恥ずかしくない電車内環境を整備してくださいますよう、切にお願い申し上げます。

 

ちなみに公益財団法人日本鉄道広告協会(JAFRA)では、掲載広告につき「基準一覧」の「鉄道広告掲出基準」にて、下記の制定があります。

 

1.掲出に当たっての判断基準

(1)鉄道利用者に不快感や、過激な性表現などで嫌悪感を与えたり、青少年の健全な育成を妨げるおそれのないものであること。

(6)事実に反する誇大な表現や、誤った予断をもたせる表現などで、鉄道利用者に不利益を与えるおそれのないものであること。

どうか上記JAFRA制定が遵守されるよう、ご配慮いただくことを希望します。

 

ちなみに同様のセクシュアルハラスメントが、企業においてはどのように扱われているのかを付記させていただきます。

厚生労働省の定める労災の「心理的負荷による精神障害の認定基準」、業務による心理的負荷評価表(別表1)特別な出来事以外の「具体的出来事」の表では、心理的負荷弱にあたるものとして、二種類のセクシュアルハラスメントが例示列挙されています。

それは、

・「〇〇ちゃん」等のセクシュアルハラスメントに当たる発言をされた場合

・職場内に水着姿の女性のポスター等を掲示された場合

の二点です。

これらから、少なくとも本件水着姿の広告掲示は、電車を利用する不特定多数の女性乗客に、厚生労働省認定基準レベルでの性的心理的負荷を与え、健康被害を引き起こす蓋然性が内在し、誘発している危険性が高いのです。

上記も斟酌のうえ、よろしければ、本件広告掲載決定に至るまでのフロー、基準を審査する決定権者の有無、そしてこのたびのわたくしの利用者意見がどのように処理され、今後生かされるのか等、ご教示いただけましたら幸いです。

 

共用スペースでのセクシュアルハラスメント広告につきましては、関心をお持ちの方が多数おられるようですので、ご回答を頂戴できました際には、ぜひ他団体様とも共有させていただきたく存じます。

誠に恐縮ではございますが、一度、5月31日(木)までに進捗状況をご返信いただけますでしょうか。何卒よろしくお願い申し上げます。

 

【京王電鉄さまのご回答】
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

有馬 様

平素から京王をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
はじめに、この度は車内広告でご不快な思いをおかけしまして申し訳ございません。
鉄道施設における広告は、多くのお客さまがご利用になる駅構内や電車内での広告掲出であるため、消費者保護・青少年保護の観点から問題が無いか、誇大広告や不当表示がないかなど、一定の基準を設けて掲出の可否を審査しており、場合によっては掲出を断っています。
弊社を含めた関東の鉄道事業者間でも審査基準について定期的に議論し、情報共有を行って参りますので、ご容赦賜りますようお願い申し上げます。
今回、お客さまより頂いた貴重なご意見を参考に、今後もより快適な車内環境作りに努めて参りますので、ご容赦賜りますようお願い申し上げます。

2018年5月16日(2018-05323)

このメールは京王グループHP「お客様の声」からの回答です。
回答へのお問い合わせは下記へお願いいたします。
京王電鉄株式会社京王お客さまセンター「お客様の声」担当
電話:042-357-6161
===================

 

↑ ↑ ↑ ↑ ↑

利用者の問いと要請に対し明言を避けた、要領を得ないぼやっとした回答、というのが私の印象です。
それでも回答すらいただけなかった西武鉄道さまよりは、まだ良心的かもしれません。

しかし各会社のスタンスは確認できました。
この件に関しては元より、これで完了するとは考えておりませんでしたので、東京オリンピックをひとつの目安として、個人ではなく、枠を広げて進めていく手段を検討いたします。

日本の鉄道は、時間の正確さ、運行の安全、清潔さともに世界に誇れる素晴らしい財産です。しかしいかんせん、女性性尊厳を軽視する「ジャポルノ」日本文化をあまりに素直に取り入れ、この意識分野では完全に世界から切り離され、ガラパゴス諸島化しています。
この「残念」を排除し、世界最高水準の交通機関としての地位を、真に確立していただきたいと望む次第です。