プロフィール


🌼プロフィール

 

群馬県出身。

大学在学中、教授のセクハラに警鐘を鳴らし、学内環境の改善に取り組む。学内にセクハラ窓口の設置、定期的な実態アンケート調査の実施、セクハラの定義や注意事項をシラバスに掲載させるなど、学生が安心して学べる環境を整えるべく、学生部と協同して改革を行う。

1997年には、学生部と協同して、セクシュアル・ハラスメントシンポジウムも主宰。自らが生徒代表パネリストとして参加し、セクハラが学業意欲を低下におよぼす悪影響など、自身の経験を通してセクハラゼロの啓蒙に努める。シンポジウムは、六大学の学生部職員も参加し、討論内容は六大学の就学環境に生かされた。以降、急速に全国の学内でのセクハラ規制が強化される。

大学卒業後、WEB制作企業にてライターとして勤務。そこで上司からセクハラを受け、被害を提訴。弁護士を依頼せずに自ら訴訟追行する本人訴訟を選択する。法律構成や書類作成、法廷での被告尋問など、すべて一人でこなすというハードな体験をした。一審完全敗訴の後、控訴審で逆転勝訴。異例の判決といわれる。

2012年、フリーライターとして稼動後、時計メーカーに転職。都内老舗百貨店に配属されるも、そこでは昔から売り場を牛耳るお局グループが存在し、百貨店集団パワハラの被害を受ける。ストレスから睡眠障害、帯状疱疹などを発症し、退職。労災申請をしたが審査請求、再審査請求ともに認定を得られず、現在ふたたび本人訴訟で行政訴訟係属中。

2013年 「働く人のセーフティネット」副代表幹事に就任。
職場のハラスメントをなくし、多様性を認め、作業効率をあげるための職場環境づくりを推奨している。
労働相談等を通じ、働く女性のメンタルにも精通。

 

内閣総理大臣認証NPO法人コミュニケーション能力開発機構
心理カウンセリング1級・コーチング1級 認定保持
公益財団法人 21世紀職業財団認定 ハラスメント防止コンサルタント

猫好き。

 

(有馬珠子のあめぶろ)
多様性を認め、作業効率のよい職場を。セクハラ・パワハラ・モラハラをなくす、職場のハラスメントゼロ活動にご協力ください!

(悩んだら、ココに相談 ↓ )
「働く人のセーフティネット」は、セクハラ、パワハラ、過重労働、サービス残業などの解決を手助けする、無料労働相談会を実施しています。

(ご協力ありがとう!)
ストレングスファインダー×モチベーションマネジメントで 強みを発掘して、153%活かす 個人からチームまで、強みと魅力を伝える専門家 スピカデザイン

 

 

 

ハラスメントをなくし、作業効率をあげる。職場のハラスメントゼロ活動にご協力ください。