パワハラ加害者が新社長に就任~(★新刊『ブラックを乗り越えた女性たち』より~)

(※期間限定で、新刊の内容を一部ご紹介しております。)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

やがて日本支社では、三月づけでTさんが正式に社長として就任した。とうぜん、地位を利用した遠野さんへの攻撃は激化した。

敵は遠野さんのスケジュールがハードな時期をねらい、とびこみの仕事をメールで命令するなど、無茶な仕事をふってきた。「今日の十四時までに終わらせて提出しろ」と、ごていねいに赤字での指示出しである。

スケジュール上の仕事を優先させなければならない遠野さんが十四時までに提出できないと、すぐさま「提出はどうした? どういうことだ?」と抗議のメールがくる。説明すると、「じゃあ、今日の十八時までに出せ!」と、これまたすぐに赤字のメールがとどく。

対応不可能な仕事を繰り返し与え、下地をつくった後に、T社長は香港総支社のバネッサにメールを送った。

「サユリは仕事のしめきりをまもらない。仕事がまったくできない社員で私はほんとうに困っている」

そういって遠野さんを中傷した。

それを遠野さんの目にわざわざふれるよう、遠野さんのメールアドレスをCCにしてやり取りをするという徹底ぶりだった。

 

さらに、人事課長である遠野さんが、仕事関連の人事セミナーなどに出席すると、「無断外出だ!」とわめきちらす。ちなみに今まで、セミナーなどはスケジュールに組み込まれてきた、ごくふつうの業務だったという。

遠野さんが説明すると、「うそをついているんじゃないか。セミナーに出席したという証拠を出せ」と責めたてる。

あげくのはてに、「何時から何時までは何の書類作成をして、何時から何時までは誰と打ち合わせをして、」のような分刻みの日報を提出しろと要求してきた。

繰りかえすが、遠野さんは勤続三十年の人事課長である。

「小学生じゃないんだから」
遠野さんはため息をついた。

 

私には遠野さんの当時の心労がよくわかった。私も被害経験のあることだが、パワハラというのは、やろうと思えば際限なく仕掛けることが可能だし、どのようなささいなことをネタにしても、自由に攻撃できるものなのだ。その創意工夫と行動力を仕事に注げば、会社の利益は飛躍的にアップすると思うのだが、パワハラをする人間というのは、そのような建設的な思考をもちあわせていない。あきれるくらいネガティブなエネルギーを、他人をおとしいれる目的だけに、せっせと浪費する。あの情熱はいったいどこからくるのだろうか。

 

私はつねづね思っているが、ビジネスに感情論を持ちこんではいけない。ビジネスというのは経済活動である。パワハラは、たんなる感情的なトラブルを招くだけではなく、就労環境を害し経済的損失をまねく、会社への違背行為でもある。

会社というのは、利益を生み出すことがひとつの大きな目的だ。セクハラやパワハラで社員のモチベーションを下げ業務効率を低下させるのは、会社に対する違背にほかならない。考えなしにそのようなことをするのは、会社組織に所属する人間として社会人として、自覚が足りないといわざるをえない。社会人としてきわめて未熟な行為なのである。

 

パワハラの嵐の中、遠野さんも人事にいた人間として、なにもしなかったわけではない。アメリカ本社のコンプライアンスオフィサーにTのパワハラを伝えた。日本でいうところの、企業内セクハラ・パワハラ窓口担当者のような役割だという。彼に今までの経過を英語でメール相談した。

結論から言うと、そのコンプライアンスオフィサーの男性は、まったく役に立たなかった。

「アメリカって、セクシュアルハラスメントには神経質なくせに、パワーハラスメントに対しては無頓着。そもそも文化が違うのよ。アメリカって本当に個人主義。だから、日本みたいな村(ムラ)的な組織ぐるみのいじめっていう背景がないのよね。彼らには実感がわかないの。『それはサユリと上司との人間関係の問題だから』って。アメリカ人にとっては、ブリーン(いじめ)も個人主義なのよ」

 

【有馬珠子の書籍はこちらから ↓ ↓ ↓】

ブラックを乗り越えた女性たち: 私たち、今でもじゅうぶん「輝いて」います

 

マイルドストーカーVS溝口さんの話: 趣味、ストーカー

 

目から鱗がポロポロ落ちるセクハラの話: これが意識の最前線!

 

あなたの周りに潜む善玉サイコパス: 共感力の個人差

 

あなたの周りに潜む東電OL予備軍: 本書は現代女性に捧げる蜘蛛の糸である

(悩んだら、ココに相談 ↓ )
「働く人のセーフティネット」は、セクハラ、パワハラ、過重労働、サービス残業などの解決を手助けする、無料労働相談会を実施しています。

(ご協力ありがとう!)
ストレングスファインダー×モチベーションマネジメントで 強みを発掘して、153%活かす 個人からチームまで、強みと魅力を伝える専門家 スピカデザイン